超獣機神ダンクーガファンサイト

超獣機神ダンクーガやぁってやるぜぇ!
サイト 管理人紹介

超獣機神ダンクーガ
超獣機神ダンクーガ ヒストリー
各作品 紹介
主要スタッフ 紹介
声優直筆サイン・スタッフ書きこみ
キャラクター 紹介 味方
キャラクター 紹介 敵側
合体プロセス・メカ紹介など
次回予告集 Part1
次回予告集 Part2
所有グッズ紹介 映像関連
所有グッズ紹介 音楽など
所有グッズ紹介 セル画など
所有グッズ紹介 下敷など
ファンからのグッズ紹介
ファンからのグッズ紹介2
超獣機神ダンクーガ
スーパーロボット大戦シリーズ
ソフト別 紹介
名前変更やイベント紹介
武器 紹介
攻略本・関連物
スーパーロボット大戦以外の
ゲームソフト
スーパーロボットスピリッツなど

獣装機攻ダンクーガノヴァ
ストーリー・スタッフ紹介など
キャラクター紹介(味方・敵)
ロボット・武装紹介
用語 解説
簡易エピソード 感想
グッズ紹介
スーパーロボット大戦 データ

スーパーロボット大戦
ソフト紹介
ソフト紹介2
ソフト紹介 ガンダム作品
スーパーロボット大戦関連ソフト
ファミコン シャッフルファイトなど
スーパーロボット大戦レビュー
SRW 100の質問
携帯ソフト
ROMカセット
ROMソフト
SRW好きへの100の質問

highmixさん運営 無料ゲーム
バーニング・デュエルなど

頂きものイラスト
凪世 志幸」さんの作品
2007年 ・2006年
「秋咲 りお」さんの作品
2007年
「青陰 琢磨」さんの作品
2005年
ma雷電」さんの作品
2008年
ダンクーガノヴァ 各エピソード紹介,各感想
*見どころ紹介番組*
特番 ダンクーガ復活祭-スーパーロボット伝説を追え-

本放送を前に、予習もかねた特集番組
DVD第1巻,第2巻の映像特典にもなっています
1巻目 メカニックについてなど 作品紹介
2巻目 池澤春菜 泰勇気 桑島法子
     鈴木達央 矢尾一樹さんのインタビューを収録
各話数 簡易エピソード
次回予告 毎回 各キャラクターたちによるナレーション
MISSION1 「謎のダンクーガ」
ダンクーガノヴァ候補パイロット4人 いきなり実践戦闘へ
飛鷹葵、館華くらら、ジョニー・バーネット、加門朔哉
それぞれ、4人は、日常生活を送っていた
しかし、突如表れた偵察機に、さらわれてしまう

龍牙島にある、ドラゴンズハイブ(基地)へと転送された
ダンクーガノヴァのパイロットは
定期的に変っており 上記4人が今回候補に、選ばれた

ダンクーガノヴァの操縦方法は
睡眠時にインプットされていたのだった
そして、合体済みのダンクーガノヴァに乗りこみ
実戦体験をすることになった

MISSION2 「超獣合神」
初合体
単体のノヴァイーグル〜ノヴァライガーまでで、前半戦い
「超獣合神」という掛け声とともに合体、敵を一掃する

MISSION3 「導きの剣」
戦場での意味あい
単体での戦いも、慣れてきた4人
そして徐々に、明らかになる実態
パイロットは、戦場で、人との出会いもあり
そしてダンクーガノヴァの真意とは?

MISSION4 「紅いダンクーガ」
存在意義
前回の戦いで、勝利を目前として
帰還命令と共に戻った、ダンクーガノヴァ
そして葵は、ますますダンクーガノヴァの
存在意義を、疑うものとなった

次なる戦場へ赴き 突如表れた、「紅いダンクーガ」
その出現、紅いダンクーガの名は「アールダイガン」
この先、どう展開していくのだろうか

MISSION5 「嘆きの壁」
ダンクーガノヴァでの苦戦 パイロット達の疑問
前回 アールダイガンの出現により
ピンチになったダンクーガノヴァ
しかし、今回も帰還を余儀なくされる

パイロット達は、自分らが
なぜ?選ばれたかを、引き続き探る

そして、次なる戦場へ出向いたのだが、苦戦を強いられる
そこへまたも、アールダイガンが表れるのだった

MISSION6 「未知の襲撃」
謎の男 F.S.
葵たちは とあるパーティーに出席していた
そして、葵たちは 初めてF.S.と出会う

さらにF.S.の口から、今の時代背景
過去に活躍したダンクーガのことを聞くのだった

MISSION7 「激突!ダンクーガ対ダンクーガ」
戦いのとき ダンクーガノヴァvsアールダイガン
アールダイガンの強さは、本物だった
ここで負けているのなら「やがて表れる敵」には勝てない

MISSION 8「過去からの脱出」
それぞれの過去 ダンクーガノヴァに乗り続ける理由
前回の戦いで、ダンクーガは、大打撃を、喰らってしまう
そしてさらに、ピンチとなっていた

パイロット4人は、ダンクーガノヴァを放棄し脱出を試みる
そして、その間に、それぞれが、ダンクーガノヴァに
乗り続けている理由なども、明らかとなった

MISSION9 「神獣 覚醒」
再戦 ダンクーガノヴァvsアールダイガン
リベンジのときはきた
7話で、ボコボコにされたダンクーガノヴァ
しかしアールダイガンに 、またも窮地に追い込まれてしまう
そして限界タイムリミットも、過ぎてしまうのだった

MISSION10 「熱情の暴走」
真相 ダンクーガノヴァ
ついに、ダンクーガノヴァの、真の目的が判明した
それを聞いた、葵たち、それぞれの反応は?
そして、「やがて現れる敵」が、ついに現れた?

MISSION11 「粉砕?龍牙島!」
やがて現れる敵 ついにあらわれる!?
ついに、「やがてくる敵」の正体が、判明した
そいつは、月にいるらしい

新たに、仲間となった、エイーダとアールダイガン
そして、ドラゴンズハイブに、最大の危機が訪れる!

FINAL MISSION 「未知への飛翔」
終焉 最終決戦のゆくえ
月での、最終決戦がはじまった
苦戦をする、葵たち そして衝撃の終焉を迎えるのだった

各話数 感想メモ
MISSION1 謎のダンクーガ
キャラクター達に、萌える人 もいるんだろうなぁ〜
今回は、前作とかなり違った、キャラ絵となっていました

でも、変わっていない部分もあったな〜
それは、瞳の大きさ
そして、ダンクーガの強さ

いつの時代も「拳一発」でわかりやすいですね〜

MISSION2 超獣合神!
サブタイトルどうりの展開で・・・
いかにも、合体しそうなタイトルじゃん
しかし、「断空砲アルティメットフォーメーション」って
いきなり大技か?と思うかっこよさ
だったなぁ

MISSION3 導きの剣
ついに「断空剣」登場!やっぱ、かっこいいわ
それにしても、「チームD」って、部隊名・・・微妙だなぁ^^;
前作の「獣戦機隊」のほうが、かっこいい

と思ったのは自分だけだろうか?

MISSION4 紅いダンクーガ
「エイ−ダ」という女の子 初登場 アイドルのようですが
前作ダンクーガ「ローラ・サリバン」的な位置付けかな?

MISSION5 嘆きの魔壁
くらら すげ〜^^;生身で挑むとは・・・
さすが、ノヴァパイロットに、選ばれた子だなぁ〜

前回登場した「紅いダンクーガ(アールダイガン)」も登場
まんまといいとこどりされました^^;

MISSION6 未知の襲撃
謎の男「F.S.」 ついに、公の場に、姿をあらわしました〜
声が、矢尾一樹さんだし、テンション上がってます^^;

そして、前作ダンクーガの話題に、旧ダンクーガの一枚絵
今後も期待できるのか!今回限りのサプライズなのか?

MISSION7 激突!ダンクーガ対ダンクーガ
強い、アールダイガンに
ダンクーガノヴァは、なす術も無い^^;

だけど、こいつを倒せなきゃ「やがてくる敵」には
太刀打ちできない・・・今後どうなるやら?

MISSION8 過去からの脱出
今回は、パイロット4人の救出
ダンクーガノヴァ奪還のため
「セイミーとルゥ・リルリ」が大活躍

驚いたのが、「ローラ・サリバン(TV)」の声を演じていた
あの方まで、ゲスト出演していたこと
ダンクーガの縁って凄いなぁ と感じましたね〜

あと少し人間臭さもあった、話だったと思う
そして、次回のタイトルが凄く気になる
なぁ

MISSION9 神獣覚醒
期待してたのに、やられちまったぜ〜違う意味で
まぁ、裏切られたというか、そうきたか!という状態^^;

しかし残り3話で・・・どうなっていくのやら?

MISSION10 熱情の暴走
今回、色々と展開が早い・・・早すぎたかなぁ^^;
熱情の暴走=それぞれの意志の暴走
ということだったと、理解している

ついに、「やがて現れる敵」が、ほんとうに現れたのか?
次回も、気になるタイトルでは、あるんだけどなぁ〜

MISSION11 粉砕?龍牙島!
ついに、基地まで!って・・・
演出が、前作ダンクーガのまんま!じゃないか

さらに、ダンクーガノヴァの最終形態も登場したり
熱い展開だったなぁ〜

合体も、「F.S.」あってこその演出だったな〜
個人的に、あれが「田中」だったら
あそこまで、熱くなれなかった

そして、「やがて現れる敵」の正体も判明
月にいる・・・ぇ? まじでか〜
はりきるんだろうな〜 声優さん

しかし、最終話直前で物凄い?急展開となった
なぁ

FINAL MISSION 未知への飛翔
ついに、月での最終決戦・・・なんだけど、展開が早すぎで
なにが、なんやら?あっという間に、終わったよ^^;
戦闘シーンは 今まで以上に、熱かったんじゃないかな?
でもって、予想通り、ボス役の声の方 あの人らしい感じで
あーいう役の演じ方、雄叫びなど 自分は大好きです

まぁ、全12話で描ける、作品じゃないとも思っていたし
消化不良だったかなぁ〜

最終話まで通しての感想
ストーリー全体の、テンポが早く
ファンは、置いてけぼりを、くらった感じも多かった
BGMは、聴きなれてこれば、あってるかな?と感じられた

だけど、1クールで収めるには、無理のあるアニメだったし
未知なる挑戦でも、あったと思う

「超獣機神ダンクーガ」という長年、愛されているアニメを
新たに作り上げてくれたのは、嬉しかった

だけど、自分も、超獣機神ダンクーガ からの
ファンなので、酷評せざる終えない所が多かったかなぁ
まぁ「時代の流れに流されすぎた」作品
というのが印象だった


最後に
作品を通して観るか 声優さん目当てで観るか
キャラ・ロボデザインで観るか

この3つの観方で、かわるアニメでもあったと思う

スーパーロボット大戦での個人的な要望
ダンクーガダンクーガノヴァの共演

戦闘シーンは、アニメに近い感じで Zぐらいの演出で
第3次α同様 大張正己さんのカットイン演出など
考えるだけで熱くさせてくれる要素が満載
スパロボファンとしても、是非、両作品の同時参戦を願う!


ついに!DSソフト スーパーロボット大戦L にて
ダンクーガノヴァが初登場!
これで、声ありソフトでも、ひょっとしたら
超獣機神ダンクーガとの競演も夢じゃないかも?

2011年4月 2012年4月
PSPソフト 第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇
PSPソフト 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇にて
声ありでダンクーガとの共演を果たす

グッズ 紹介へ

トップページヘ
リンク 問い合わせ