アニメ 特撮 音楽 TVゲームサイト
超獣機神ダンクーガ やぁってやるぜぇ
ゲーム コラム
管理人の好きなゲーム関連について 書いています
自分とテレビゲーム

これまで、ファミコン〜XBOX360まで、手広く本体とソフトを、一通り集めてきた

でも よく遊ぶものと、たまに遊ぶもの機動チェックがてら遊ぶものなど

そして 将来的に考えると
俺もいづれは 処分せざる終えないことになるかも?しれない
今のところ、全くそういったことはない
だけど 家庭をもてば、 がらりと生活も、変わるかも?しれないし

そう考えると、これ以上、新作や中古ソフトを
買っていくことに、このままでいいのだろうか?と、思ってしまうこともある

特撮やアニメも未だに好きだが、昔ほど熱くないし
どちらかというと 冷めた部分も多いし

ゲームも、昔ほどの熱さじゃない
だけど世代もの作品のキャラゲーや
スーパーロボット大戦シリーズに 手をだしてしまう
スパロボも、参加作品もかわりつつあり、知らないものも多くなってきたけど
まだまだ、買い続けそうな気もするし、今のところは、切っても切れない縁 というやつかな?

本体に関しても、旧機種であるファミコン スーファミ PCエンジンなど
80年代から 活躍してきたゲーム機たちは
今では、エミュレーターや、ダウンロードという形で、遊べる時代にもなりました
でも、やっぱ実機で、遊んでこそ味があるもの だと、思います

声優とキャラゲー 〜 スーパーロボット大戦

演じているオリジナル声優さんの訃報というのは
激震がはしるものだと おもうんだよね

アニメなどの映像作品から ゲーム化が支流なため
そのアニメからの声優陣 起用というのが
基本部分となっており キャラゲーの傾向としても
同じキャストじゃないと、遊ばない という人も多いようで
俺も、同じくオリジナル声優が、一番だと思う

結局は、そのキャライメージの声が、強すぎて
代役さんは、辛いというのが、大きいんだけど

ただ、ゲーム製作の時点で、既に亡くなられている場合は
逆に、代役の方が、どれだけにてるかな?というちょっとした楽しみ、もある

あとは、元々評判のある人が、その役を演じてもらえるのも
あ〜、あの人が声を担当するなら 買おうかな?とも思う

そういう部分で、一番各作品のファンを、大事にしてもらえているのは
バンプレストの スーパーロボット大戦シリーズ だと思う

このソフトは、古くは マジンガーZ〜ごく最近の作品まで登場する
各作品 当時のBGMを再現した音楽にできる限り
当時の声優起用 というのも人気の1つだと、思う

とくに、声のでる 据え置き機の場合 引退された声優さんも
このゲームソフトのために、さがしだして声を、当ててもらったり

亡くなった声優さんの場合
過去に同ソフトにて、でている作品であれば、過去に録音してあったものを
利用して、その作品の世界観をあらわす といった、方法もとっている

でも、欲を言ってしまうと、スーパーロボット大戦 以外でも
これぐらいしてでも、 そのキャラの「声」に、拘ってくれる
ソフトがもっと、増えてくれれば と思っています

現在のキャラゲー 〜 スーパーロボット大戦
現在発売されている、キャラソフトって「完全再現」と
書かれていることも。多い だけど、果たしてそうなのか?
疑問に、思うことも多いんだよね

製作側も、隅から隅まで、しっかり漫画やアニメを観て頂き
きっちりしてほしかったな〜と思う部分
ソフトの値段から考えても、新品で買って損をした と
思ってしまうほどのも、時にはありますからね^^;

そう考えると、スーパーロボット大戦は、しっかり製作側が
登場作品を、研究しているのが、よく解るソフトである

BGMからインターミッションの背景や戦闘シーンに至るまで
個々の登場作品の世界観を再現し
毎回、マジンガーやゲッター等々からなる、常連作品と
ガンダムSEEDやフルメタルパニックなど
最近のアニメを登場させても、敵同士や組織のからみや
味方同士の絡み合いは、読んでいても、面白い

そして、個々の作品の敵に対して 他の作品のキャラに
専用台詞があったりと、俺は、初代スーパーロボット大戦から
遊んでいるからこそ、そう言えるのかもしれないけど
製作側の愛を感じるソフトの1つだと思う

ドラゴンボール ファミコン〜スーパーファミコン
ファミコンソフトからドラゴンボールゲーを遊んでいます
今では、PS2など 声があったり演出やBGM等々
アニメそのもの といった感じでもある

ファミコン時代から、今思うと、ドラゴンボールらしさ、がでていたとも思えます

第1作目 シェンロンの謎
キャラは、似ていたのだが、操作性とボスに行き着くまでの
大変さといったら、ロックマンシリーズ並に際どいな

たとえ、辿り着いても ボスの倒し方や、悟空のうけるダメージの多さもあって
2面いくのが、やっとぐらい^^;というありさまだった

2以降のゲーム
アドベンチャー要素が増えて、戦闘もカード式という
新しいジャンルの試みが みごと成功をした
3は、ボードゲームをしながら、世界観を楽しむという感じだった

そして、アニメも ドラゴンボールZ へと、タイトルがかわり
ゲームソフトでも、これまでのゲームより、一歩進化を遂げた
今日までにいたる、Zシリーズの幕開けとなった

ファミコンでのドラゴンボールZ
1〜3、外伝とあり
1〜3までに、ラディッツ〜人造人間辺まで
外伝は、ファミコンオリジナルストーリーで 描かれた
戦闘シーンも、カード形式は変わらないが、キャラカットインや
文字を組み合わせて 必殺技を出したりなど
ファミコンにしては、かなり力のはいった演出、だったといえる

スーパーファミコン ドラゴンボールZスーパー武闘伝シリーズ
これまでのアクションから、格闘ゲームへと、ジャンルが変ったが
これが、大ヒットをした
初めてキャラに声がつき、必殺技もコマンド入力で、放つことができる

そしてアニメ同様の、ストーリーモードの出来も、よかった
ストーリーモードは、ファミコン時代とかぶることも、多かったが
やっぱり、自分で悟空たちを戦わせて、進めていけるのと、声の存在は、大きかった

しかし、武闘伝3とハイパーディメーションは、さほど、はまらなかったなぁ
3は、格闘メインのゲームに、なっちゃたし
ディメーションも、ストーリーモードはあったが、微妙だった

ドラゴンボール プレイステーション2、プレイステーション3編

PS2ソフト ドラゴンボールZ
ラディッツ〜人造人間編 までの大まかなストーリーを再現し
フルボイス+CGキャラという
新たな、ドラゴンボールZゲーの始まりだった
キャラ数は少ないものの、ストーリー再限度は、かなり高かった
このシリーズは、インフィニットワールドまで、でたが、未購入

そして、DBZゲーの真骨頂
PS2ソフト ドラゴンボールZ スパーキング,NEO,METEOR
当時、店頭デモを見て久々に、おぉ〜やりたいなぁと思えた

実際、遊んで見ると、Z〜GTさらに、劇場版までのストーリーを
大まかに遊べて、キャラもポリゴンから、アニメ調へと変わり
BGMも、アニメ仕様 という豪華さ

ただ、イベント再現度を考えるなら、最初のZが一番細かい部分まで、再現されていたかな
この4つのソフトで、ドラゴンボールZの世界観や面白さが十分わかると思います

PS3ソフト ドラゴンボールZ レイジングブラストシリーズ
スパーキングシリーズの進化系ソフト
声優陣が、ドラゴンボール改以降の声優さんたちによるものだが
Z〜GTさらに、劇場版までのストーリーを大まかに遊べて
これまで出てきていなかったキャラやBGMの追加もあり
闘いもアニメさながらの戦い方ができる

悪魔城ドラキュラ シリーズ

コナミの代表作で、ムチやアイテムを使って敵を倒していく、横アクションゲーム

家にあるドラキュラ関連ソフト

MSX 悪魔城ドラキュラ
FC 悪魔城ドラキュラ、2 悪魔城伝説 ぼくドラキュラくん
GB ドラキュラ伝説、2 ぼくドラキュラくんGB 悪魔城ドラキュラ-漆黒たる前奏曲-

PCE 悪魔城ドラキュラX-血の輪廻-
SS、PS 悪魔城ドラキュラX-月下の夜想曲-

SFC 悪魔城ドラキュラ、悪魔城ドラキュラXX
PS 悪魔城年代記-悪魔城ドラキュラ-
PS2 オレたちゲーセン族 悪魔城ドラキュラ

64やPS2版などの ドラキュラシリーズは、完璧に3D化
されてしまっており、遊んだことはあるけど、馴染めなかったんです
やっぱり、2Dで横アクション というのが一番です

音楽に関しては、今までの流れを組んだり
ドラキュラサウンドらしさが、でているので、さすが といったところなんだけどね〜

MSX版 悪魔城ドラキュラ
ファミコン版と比べて、こちらのほうが、難易度も高く
違う点も多いため、難しさが、倍増していました^^;

PS2 オレたちゲーセン族 悪魔城ドラキュラ
アーケード版を移植

PS 悪魔城年代記-悪魔城ドラキュラ-
こちらも、X68000版を移植
さらに、新たに作り直した リメイクモードと2つある
今やエミュレーターか、X68000そのものを
持っている人しか遊べないことも、考慮に入れて、オススメしたい

キャプテン翼シリーズ テクモ版

同作品は、現在も漫画連載されている高橋陽一の代表作
80年代に、初連載し、アニメ化
そのごも90年、2000年代にも再度連載 アニメ化もされている

ゲームも、ファミコンからPS2まで、あらゆる機種で発売
その中でも、シリーズ化を確立し、ファンをがっちり掴んだのが
今では、デッド オア アライブで有名な、TECMO(テクモ)版

ファミコンの第一作〜スーパーファミコンまで、全5作
ゲームボーイ、メガドラCD で一作品 ずつだしている

このソフトは、従来のサッカーゲーと違い
コマンド形式 を採用し、基本的に一人を操り、他の仲間たちに
「パス」「ドリブル」「シュート」といった、コマンド選択で進めていくゲーム

FC〜SFCまでの総合コメント
そして、キャプテン翼特有、キャラごとの必殺技も再現
BGMも、ファミコン1作目に オープニング
最終戦にて、アニメのOP「燃えてヒーロー」
スタッフロールにて、ED「翼よ走れ」がBGMで流れる

本編は、ゲームオリジナル曲なのだが、これも素晴らしく
未だに、翼関連の掲示板で語られ 評価も高い

ストーリーも、漫画にそった展開(主に、小学生、中学生大会)
2以降は、ゲームオリジナルストーリーやキャラの追加
を織り交ぜながらも、キャプテン翼の世界観を壊すことなく
みごとに テクモ独自のソフト としても、発展していった

メガドラCD版 キャプテン翼 メガドライブのCD-ROM用ソフト
ストーリーは、プロローグから中学生大会編まで
コマンド形式は変わらないんだけど、一番のウリは
ビジュアル面に、日比野朱里(旧名 小粥ようこ)山田栄子 鈴置洋孝さん ほか
初代アニメ「キャプテン翼」の声優陣が、声を当てていることだろう

全てにおいて 最高傑作 といっても
いいぐらいの素晴らしい出来 だったと、今でも思う

試合でのイベントはおろか、それ以外の部分でも
ムービーと声の演出が数多くあり、懐かしいなぁ〜と思える
現在発売中「PS2ソフト キャプテン翼」の元祖、といってもいいぐらい

最後に余談ですが
裏技を使えば、ある程度 ムービーを見ることができます

オプションのBGM 2→8→3番の順に 聞く(大技林 より)
ただ、セーブデータがあり、進んでいる度合いにより
ムービーの見れる数が違うようなので注意

キャプテン翼シリーズ バンダイ版

ゲームボーイ 「キャプテン翼J  全国制覇への挑戦 」
シナリオは、原作どおりに修哲〜明和との戦いとなる
さすがに、色々な面で、テクモ版には、およばないが
南葛・志水・花輪・ふらの・武蔵・明和の6チームが使える

対戦モードやトーナメントモード
そのほかにも、練習やPK戦モードなど
充実したプレイモードで、楽しめるようになっていた

スーパーファミコン 「キャプテン翼J  THE WAY TO WORLD YOUTH 」
これまで、テクモが翼ゲーを、発売し続けていたが
この作品から、バンダイへと変った 第一作目

これまでの、テクモ版から、がらりと変わり
1対1の攻防戦やキーパーがシュートを防ぐのに
とにかく、ボタン連打が、必要となったりなど
かなりアクション要素も高いゲームとなった

プレイステーション 「キャプテン翼J  GET IN THE TOMORROW 」
同名の、アニメを元に、作られていると思われ
OPやストーリーモードにて、新作ムービーも流れる

舞台は、Jrユース決勝戦〜タイユース戦 後の世界選抜戦まで
声優陣は、同アニメのワールドユース編からで
佐々木望、結城比呂、山口勝平といった面々が担当

必殺シュート 必殺セービング ドリブルテクニックなどもある
ただ、スーパーファミコン並みのグラフィックだったかな^^;

対戦モードのみで、イタリアJrユース
アルゼンチンJrユース、フランスJrユースが、使えるようにもなったり
キャラのレベルを上げると、オリジナルの必殺技を覚える選手も、いる
そこそこ、テクモっぽさも残っているゲームだった

プレイステーション2 「キャプテン翼」
近年でた、ソフトの中で 一番キャプテン翼の世界観と
テクモのゲームを、再現している

テクモ時代からのファンからも、高い評価を得た、ソフト
アニメ第1シリーズの声優陣の熱演で、フルボイス仕様
実況アナと、三杉淳の声は、残念ながら代役

OPは、沖田浩之さんの「燃えてヒーロー」を
中学生大会の名場面を再編集したアニメムービーも流れる
ストーリーは、中学生大会〜Jrユース大会まで

テクモ版のゲームにて有名な、「お〜っと、○○くん吹っ飛ばされた〜」など
独自の実況が、今回「声あり」で復活したことも
テクモ時代からのファンたちにも、支持された要因の1つかも?しれない

さらに、イベントの、条件発生が かなり難しく
原作の、再現度を重視しているため
自動で起こる、イベント以外は、観るのが難しいが
懐かしさ満載の、ソフトにもなったと思う

ほかには、対戦モード、エディットチームの作成
オリジナル主人公で、ストーリーを楽しむモードがある

キャプテン翼シリーズ コナミ版

アドバンスソフト 「キャプテン翼 栄光の軌跡」
カードゲーム形式でJリーグとのコラボレーション
世界観は「ROAD TO  2002」に忠実で
実在選手と翼キャラが混在するJリーグが舞台

しかし、バグも多いことから、ファンもイマイチな
ソフトになってしまった

プレイステーション 「キャプテン翼 新たなる伝説・序章」
フル実況でありながら、キャラの声が一切なく
試合も、テクモ版ふうにコマンド式 にはなったが
好きな場にパスができたり、シュートができたり でわなく
きめられた、位置でのパスやシュート
展開も、イベントになったら、強制的にことが進んでいく など

悪い点ばかりが、目立ってしまい シリーズ化での発売?ぽかったが
案の定、このゲームのみで、終わってしまっている

ゲームキューブ 「キャプテン翼 黄金世代の挑戦」
ストーリーは ワールドユース編が、舞台となっており
プレイヤー自身が全日本の一員となって
翼くんたちとともに試合に臨んでいく

育成パートと試合パートの2部構成で、育成パートは
主人公の能力を高めるのが目的
ここでの成果が試合パートにも反映され
練習次第で タイガーショットやイーグルシュート
などの必殺シュートも打てるようになったりもする

試合パートは、育成モードで鍛えた
主人公の成長を確認するとともに、重要な役割もはたすことになる

試合に勝っていても、監督の評価が下がると
そのままバッドエンディングに、なることも あったりなど
プレイステーション版よりは、自由度も高い ぐらいな感じのゲームだった
必殺技のムービーも、綺麗だった

聖闘士星矢 シリーズ

FCソフト 聖闘士星矢 黄金伝説,黄金伝説完結編
星矢が聖衣をかけて戦う序盤からギャラクシアンウォーズでの闘い〜黄金12宮編まで

黄金伝説では、ラスボスが、原作とは異なり、ゲームオリジナルキャラ
黄金伝説完結編は、黄金12宮編 のみを再現 ラストも、原作どおりのキャラ

WSCソフト 聖闘士星矢 黄金伝説編Perfect Edition
内容は、星矢が、聖衣を獲得〜黄金12宮編までとなり
ファミコンの、黄金伝説、完結編のリメイク作
ワンダースワンカラー版となり、イベントなどが増えた

GBソフト 聖闘士★セイントパラダイス
RPGとなり、内容も外伝的な感じ
しかし、全てROMカセットということもあり、声がないので
アニメからはまった俺としても、ちょっと残念でした

PS2ソフト 聖闘士星矢聖域十二宮編
月日は流れ、PS2ソフトにて 発売された
聖闘士聖矢 聖域12宮編 格闘ゲームとして久々のゲーム化

漫画やアニメで一番人気の高かった
ゴールド聖闘士との戦いを描いた、黄金12宮編が舞台となる
星矢、氷河、瞬、紫龍、一輝の名場面が
当時の声優陣のままで楽しめる。
そして、OPからペガサスファンタジー
さらに、ストーリーモード等々アニメ同様のBGMが流れるという豪華さ

ただ、声優陣が「OVA 聖闘士星矢ハーデス編」での
キャストなので、ゴールド聖闘士の一部キャラの声が、テレビアニメと
異なるので、ちょっと残念だった

PS2ソフト 聖闘士星矢冥王ハーデス十二宮編
ストーリーは、冥王ハーデス12宮編
OVAが、完結していなかったため 中途半端に終わる
*声優が前作ソフトより変更になっています
森田成一櫻井孝宏三浦祥朗粕谷雄太小西克幸など
冥王ハーデス冥界編 での声優陣となっています

TVアニメ後期OP SOLDIER DREAM
ED OVA冥王ハーデス12宮編OP 地球ぎ
BGMも本編から多数使用されている

PS3ソフト 聖闘士星矢ソルジャーブレイド
ソルジャーブレイド
聖域十二宮編、ポセイドン編、冥王ハーデス編の
原作ストーリーを追体験することができた

声優は、冥王ハーデス以降の声優陣でわあるが、各作品本編からの取り込み画像であったり
BGMがそのまま使われているのは嬉しいところだった

PS3ソフト 聖闘士星矢ソルジャーソウル
ついにアニメオリジナル、アスガルド編も収録し、聖域十二宮編から一連の
テレビアニメストーリー、そして冥王ハーデス編と
これまでの集大成といえるくらいの出来になっていると思う

ただアスガルド編に登場する聖闘士の一部声優変更
本編BGMが使用されていないのが、個人的にはとても悔やまれるとこだった

るろうに剣心 明治剣客浪漫譚-維新激闘編-

PSで発売された 格闘ゲーム

OPもアニメムービーそのままであり 曲も「そばかす」
EDも、「Heart OF SWORD-夜明け道-」が流れる

ストーリーモードもアニメムービーなど交えて
進んでいくので、解りやすい

操作するのは、剣心と佐之助
原作にはないキャラ同士の戦いもでき
その勝敗に、ゲームオリジナルのアニメムービーもある

隠れキャラですが、斎藤一 もでます

超獣機神ダンクーガ やぁってやるぜぇ